故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

お通夜とお葬式の役割

葬儀は一般的にお通夜と告別式が行われます。
共に参列者が集いますがそれぞれ目的や役割が異なります。
通夜は本来、葬儀の前夜に故人と近しい者が一晩中故人と付き添い、別れを惜しむ儀式でした。

夜通し行うので通夜と呼ばれ、祭壇の蝋燭と線香を絶やさないようにする慣習があり、最近は渦巻き式の線香が使われます。
通夜への参列者には食事などの「通夜振る舞い」が提供されます。
通夜振る舞いは大皿の料理や寿司、簡単に持ち帰ることのできるお菓子が一般的です。

夜通し付き添う本来の通夜は、現在では仮通夜と呼ばれています。
現在の通夜は午後6時くらいから1,2時間程度行われる半通夜が多くなっています。
これは葬儀にスケジュール的に日中の葬儀に参加できない弔問者の都合に合わせた形で一般化しました。

現在の通夜は葬儀の本番であって、儀式としての側面が強くなっています。
司会によって進行され、開式挨拶、故人の紹介、僧侶による読経、焼香という流れです。
告別式では通夜を簡素化した形で行われることが多いです。

これはできるだけ多くの参列者に故人との最後のお別れを告げることが目的です。
基本的には現在の通夜の流れと同じで、故人の紹介から始まり、読経、参列者全員による焼香、喪主や遺族からのあいさつがあります。
告別式後に参列者を限定して火葬場へ向かうというのが一般的です。

火葬も葬儀の一環として行われますが、火葬場に向かう方々は限定されておりますので、出棺を見届けた後、一部は散会します。
火葬が終わって斎場に帰ってくるまで待機することも可能です。
ここで一つお通夜とお葬式のQ&Aです。

仮に知人や友人の葬儀があり、スケジュール的にどちらも出席できる場合はどちらに出席するべきでしょうか?
答えとしてはどちらか一方に出席してもよいですし、両方に出席しても構いません。
親密な仲であるのなら両方に出席するのが望ましく、友人といえる親しい間柄でなかったのならば通夜には出ずに告別式だけ参列するのが慣習であると言えます。