故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

宗派で何か違いがある?

日本の葬儀は9割以上仏式で行われます。
宗旨や宗派が違っても葬儀の流れや手順はだいたい同じですが、読経や儀礼、作法などに違いがあります。
それぞれの宗教・宗派によって死生観の違いに由来します。

それぞれの死生観に基づいて儀礼や作法も伝統的に形作られてきました。
例えば仏教の場合、故人は来世で仏の弟子になるとされます。
神道の場合、故人の霊魂は祖先の霊魂と共に家族の守り神になるとされています。

キリスト教では、「死」は神に召されて天国での安息を得ることと考えます。
更に仏教の場合に限ってもその宗派によって若干の違いがあります。
浄土真宗が他の宗派と異なるのは、「葬儀は死者への供養ではない」という点です。

門徒であれば極楽浄土に迎えられるので成仏を祈る必要がなく、礼拝の対象は阿弥陀仏ですので、故人を礼拝する必要がないからです。
「冥福を祈る」「お祈り」といった表現も禁止されています。
浄土真宗の中での各宗派によっても異なる点が多いので、事前に抑えておきたいところです。

天台宗は顕教と密教の併修が特徴ですが、葬儀で法華経と阿弥陀経が読まれ土砂加持行われます。
故人には円頓戒という菩薩になるための守るべき戒が授けられます。
真言宗は古義と新義に分かれますが、大日如来に帰るための儀式になります。

焼香は計6回行われるため、やや時間がかかります。
禅宗の葬儀では「授戒」と「引導」に中心が置かれます。
仏弟子になるための戒律と引導の儀式としての機能があるのです。

また葬儀法は「尊宿」と「亡僧」に分けられますが、在家は亡僧の葬儀に準じます。
臨済宗と曹洞宗は儀礼に細かな違いがあり、地方の習俗でもわずかな違いがあります。
このように葬儀は意義づけが宗派によって様々で、お経や様式も異なります。

故人の属する宗派の葬儀の特徴や流れを理解しておくと、遺族の方もいざ葬儀の際に戸惑うことなく故人とお別れする気持ちも深まります。
また宗教の死生観は普段の私たちの日常生活に影響を及ぼしている面があり、葬儀はそのことを改めて意識することのできる機会であります。