故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

覚えておこう焼香の仕方

焼香は仏式の葬儀で行われます。
香気によって仏前を清めて、香を霊に手向けるもので、焚香とも呼ばれます。
焼香の順番や仕方、回数に決まりがあります。

焼香には抹香と線香がありますが通夜や法事は線香を用い、葬儀や告別式には抹香をたきます。
また座礼焼香、廻し焼香、立礼焼香などの焼香方法に種類があります。
立礼焼香は焼香台の手前で遺族・僧侶に一礼し、焼香台の前に進んで遺影を仰いで一礼、合掌後に焼香します。

数珠を左手にかけて、右手親指・人差し指・中指で抹香をつまみます。
頭を軽く下げて摘まんだ抹香を額付近にまで引き上げ、その後指をすり合わせて香炉に落とします。
回数は宗派によって異なりますが、会葬者が多い場合は1回だけ行うのがマナーです。

焼香後は数珠を両手にかけ、位牌・遺影に向かって合掌します。
2,3歩退いて一礼し、遺族と僧侶に一礼して自席に戻ります。
焼香の回数は宗派や地方の風習によってまちまちです。

喪主や周囲の方の焼香をよくみて同じように行うのが無難であると言えます。
座礼焼香は基本的には立礼と同じです。
順番が自分に回ってきたら次の方へ会釈をして中腰で焼香台に進みます。

焼香台の少し手前で正座をし、遺族に向けて一礼をします。
数珠を左手で持って焼香台の前まで正座をしたまま進みます。
焼香台の前まで進み、位牌と遺影に向かって一礼をし合掌します。

抹香のくべ方は立礼と同じです。
合掌後2,3歩退いて、遺族・僧侶に一礼をしてから自席まで戻ります。
回し焼香は自宅で行われる通夜や葬儀の際に行います。
読経中に盆に乗った香と香炉が順次回ってきます。

基本的には立礼と同様です。
香炉が回ってきたら盆ごと両手で受け取って、膝の前に置きます。
狭い場合は膝に乗せます。

次の人に一礼してから抹香をくべ、焼香が済んだら祭壇の遺影に向かて合掌し、盆を次の方に回します。
以上が主な焼香の仕方になります。
宗派による違いに注意して行うことも大切ですが、心を込めて故人に哀悼の意を表明することが持っても大切です。

形式ばかりにとらわれてしまわないように注意しましょう。