故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

お葬式の様式

葬儀の様式にも様々です。
お通夜や葬儀、告別式など目的等によって様式は異なりますし、会葬者の規模の面でも種類があります。
お葬式は葬儀と告別式に分かれますが、葬儀は宗教的な儀式で、告別式は宗教色の特にない最後のお別れを行う儀式です。

お通夜とは本来葬儀の前夜に故人ととても親しかった人たちが一晩故人と付き添って別れを惜しむ儀式でした。
現在は会葬者が出席しやすい時間として午後6時ごろから1,2時間程度読経、焼香を行う半通夜が一般的になっています。
仮通夜とは故人がなくなった夜に近しい者が遺体を守って一晩明かすことで、身内だけで行われます。

密葬は身内だけで行う葬儀です。
本来は、別に大きな社葬を行う場合や、年末年始に死亡した際に、近親者だけでひとまずお別れをして火葬を済ませてしますことを指しました。
最近では本葬をせず密葬だけ行われるケースもあります。

家族葬は身内だけで行うということではなく、故人と親しい親族や友人を呼んでゆっくりとお別れをする小さい規模の葬儀です。
直葬は葬儀を行わず、近親者や友人などで火葬場で行われる儀式になります。
仏式の葬儀のように火葬時に僧侶に読経をしてもらうこともできます。

戒名やお布施の問題から、直送を行う際は菩提寺と事前に相談するのがよいでしょう。
社葬は、故人が会社の社長や会長、または社員が殉職した場合に、会社主催で行う葬儀です。
通常大規模となるので大きな斎場で行われます。

遺族と会社が行う場合は合同葬といいます。
故人の所属する宗旨・宗派によっても様式は異なります。
仏式葬は日本では約9割が行っています。

菩提寺がある場合は事前に連絡し、打ち合わせをします。
菩提寺がない場合は葬儀社に相談し、宗派に合わせた僧侶の紹介を受けます。
神道式で行う葬儀は神葬祭と呼ばれ、神社の神官が葬儀を執り行います。

神社では葬儀を行いませんので自宅か斎場で行います。
キリスト教式葬は教会の神父や牧師によって教会や斎場で執り行われます。
無宗教葬は特定の宗教にとらわれない様式の葬儀です。

自由葬とも呼ばれ、告別式や追悼式に近い形式となります。
音楽を中心に行う葬儀は音楽葬と呼ばれます。