故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

喪主の挨拶はどんなもの?

喪主の挨拶は葬儀の締めくくりになります。
葬儀社に葬儀を依頼した場合は葬儀社から参考のメモが渡されます。
故人の生前の様子を盛り込んだもので、喪主の方との打ち合わせの中から作ったメモになります。

喪主のあいさつには基本的な形式がありますから、形式を外さないことがまず大切です。
趣向を凝らそうとして失敗するのは恥ずかしいですし、故人も喜びません。
以下が順に挨拶の要点です。

・「本日はお忙しいところを~」で始めるのが一般的です。
・参列者の方々に対して生前の故人への厚意に感謝を述べます。
・故人の生前のエピソードを織り交ぜて、故人を偲びます。
・遺族としての今後の考えを述べ、ご指導ご鞭撻のお願いをします。
・再度ご参加いただいた方にお礼をし、締めくくります。

簡潔に述べる場合は1,2分もかかりません。

もう少し長めの挨拶にしたい場合は、故人の生前のエピソードについての箇所を充実させるのが良いでしょう。
故人の人柄を表すような口癖や、乗り越えた苦労、喪主が個人的に思い出に残っていることなどです。
病死などの場合、故人の元気なころの様子と容態が悪くなってきた際の状況の描写を伝えることもあります。

実際に読み上げる際に注意することは「ゆっくりと読む」ことです。
緊張してしまうと早口になってしまいがちです。
工夫としては、句点(。)まで読み上げたら3秒待つことを心掛けましょう。

間合いを少し意識的に取るようにします。
また、大きな声を出すことも大切です。
「死」や「悲しみ」などの言葉は他の表現を使うのが望ましく、「死」は「最期」「往生」「永眠」など「悲しみ」は「悲哀」「悲嘆」「悔やむ」などを用います。

また、「たびたび」「重ねて」「再度」などの重ね言葉は、不幸の連続を連想しますので使用を控えます。
形式や注意すべきことは多いですが、数分のあいさつですので案外難しいものではありません。
事前に練習をし、場合によっては葬儀社や経験者に相談をして本番に臨みましょう。

故人に対する締めくくりの仕事になりますので、よい挨拶になるよう心がけたいものです。