故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

香典の金額っていくら?

香典の金額は、故人との関係や生前の付き合いの程度によって変わってくるものです。
一定の額が決まっているものではないため、いったいどのくらいの金額を包めばよいものか迷われる方も多いかもしれません。
参考として、自分との関係と香典の金額の目安を説明いたします。

まず故人が両親である場合、5万円以上になります。
祖父母や兄弟姉妹の場合は、2万円から5万円。
親戚は1万円から5万円。

友人や知人、隣人、仕事関係者は5千円から2万円。
顔見知り程度の場合は3千円から1万円です。
なお、関西方面では上記の金額よりも少額になる習わしがあります。

死や苦を連想させる4や9の付く金額はできれば避けたほうがよいでしょう。
お花や供物を送る場合はおよそ1万円からになり、故人名で出す他に、友人一同、親戚、会社としてまとめて出すこともあります。
会社や町内会の場合は最初から金額が決まっているケースもあります。

地域共同体で助け合うという目的が香典のはじまりですので、「小額であっても遺族の役に立てれば」という気持ちで構わないのです。
実際1000円程度の返礼品や料理、飲み物などを参列者に出しますので、赤字になるケースもあります。
渡した香典によって負担を増やしてしまわないような注意が必要です。

最低でも3千円以上がよいでしょう。
渡す際のお札は新札ではなく古札を使用します。
新札ですと前もって準備していたかのような印象になりますので避けましょう。

新札しか用意できなかった場合は折り目などをつけます。
香典は袱紗(ふくさ)に包んで渡すのも礼儀です。
受付の直前まで袱紗に包んでおき、受付で開いて香典だけ渡します。

お悔やみの言葉あるいは黙礼をしてから渡します。
無造作にポケットから出したりビニール袋を使うのは明らかに失礼です。
手元に気を配り、スマートに出せるようにしましょう。

袱紗ごと渡すのは、袱紗を返されることで不幸が重なることを連想させますので、うっかり一緒に渡してしまわず香典だけ渡すように注意しましょう。