故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

お葬式での言葉遣い

葬儀の際は言葉使いに気を付けることが重要で、思いやりの気持ちを言葉に込めることが大切になります。
ご遺族は故人を亡くされた状況でただでさえナイーブな心境にあります。
決して失礼のないような言葉選びが重要です。

かといってご遺族を励まそうとして余計なことを述べてしまうのは避けたいものです。
ですので、一般的で短めの言葉が無難だと言えます。
忌み言葉は使ってはいけません。

忌み言葉には重ね言葉と直接的な言葉があります。
重ね言葉には「重ね重ね」「たびたび」「くれぐれも」「再三」など繰り返しの言葉です。
不幸の繰り返しを連想させるので使用を避けます。

直接的な言葉とは、死を意味する直接的な表現です。
直接的にならずに、言葉を言い換えます。
例えば「死ぬ」は亡くなる、「死亡」は「逝去」、「生存中」は「生前」などです。

また「つらい」「苦しい」「迷う」といった言葉も控えましょう。
忌み言葉以外でも宗派によって使わない言葉があります。
冥福は仏教用語ですので、神道やキリスト教では使いません。

また、仏教であっても浄土真宗では使いません。
香典を包む際にも言葉遣いのマナーがあります。
浄土真宗では霊の存在自体が無い為、御霊前という言葉ではなく御仏前を用います。

禅宗では教義に浄土がなく、こちらも御仏前を用います。
神道(神式葬儀)の場合は御霊前や御神前、御饌料などが使われます。
キリスト教はカトリックについては御霊前を許容していますが、プロテスタントの場合御霊前を使用することはできません。

また百合の花の絵が描かれている香典袋はキリスト教専用です。
また故人が天寿を全うした場合、病気の為に亡くなられた場合、突然の不幸であった場合、遺族にどのような言葉をかけてよいかわからない場合。
などそれぞれの場合においてご遺族にかける言葉は異なります。

ご遺族に対しても、香典を渡す場合、励ましの言葉を掛けたい場合、なにかお力になりたい場合、故人のお顔を拝見した場合など、それぞれの場面にふさわしい言葉を選びましょう。