故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

香典袋の注意点

香典は香典袋に包むのがマナーです。
香典袋を包む際は包み方や名前の書き方のマナーがありますので、常識として押さえておきましょう。
香典袋のおり方については、刑事と弔辞では逆になります。

弔辞の場合はお金を包んだ封筒を置いて右、左の順で折りたたみ、そのあと下、上の順で折りたたみます。
上側をかぶせた形になりますが、返しが下に向いていることで悲しみを表しています。
蓮の花が描かれた香典袋は仏式の葬儀専用です。

葬儀の様式を確認して使用しましょう。
香典袋の表書きは毛筆書きが一般的なマナーです。
筆ペンでも構いませんが、ボールペンやサインペンは使わないようにしましょう。

浄土真宗では例の存在が無い為、御霊前という言葉は使用せず、御仏前を用います。
禅宗では教義に浄土がないので、こちらも御仏前を用います。
神道の場合は御霊前や御神前、御饌料などが使われます。

キリスト教はカトリックは御霊前を許容していますがプロテスタントの場合御霊前は使用できません。
百合の花の絵が描かれている香典袋はキリスト教専用です。
中包みがない場合は裏面に自分の住所・金額を記入します。

香典袋の左下が適切です。
中包みがある場合は表面に金額を漢数字で記入し、裏の左下に住所氏名を記入します。

住所氏名は遺族の香典管理にとって必要です。
記載がないと誰からの香典なのか分からなくなってしまい、香典の整理や記帳に手間がかかりますので、負担を掛けないためにも必ず住所氏名は記入しましょう。
また記入された金額が正しいかどうかの確認をしてから受付で渡しましょう。

香典については新札を用いずに古札を使用します。
新札ですとあらかじめ準備をしていたかのような連想をさせてしまうからです。
どうしても新札を使用する場合は折り目をつけましょう。

金額は死や苦を連想させる4、9は用いるのは控えます。
遠方であったり、特別な事情で葬儀に参列できない場合は郵送でも構いません。
現金書留での郵送になり、現金書留の封筒は不祝儀袋が入れられるサイズです。

速達で郵送します。