故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

個人葬ってどんなもの?

個人葬は遺族が主催して行う葬儀のことで、喪主と施主は故人な配偶者や子供が務めるのが一般的です。
個人葬に対して社葬や団体葬というものがありますが、これは故人の所属していた会社や団体が主催する葬儀のことです。
つまり個人葬とはごく一般的に行われている普通の葬儀のことです。

個人葬の準備を始める際、電話や新聞のお悔み欄を利用して親族や故人の生前の友人知人に連絡します。
そして葬儀社に連絡をして行う葬儀の相談をして段取りを行っていきます。
費用は遺族が負担します。

互助会を利用している場合は互助会に資金の要請をします。
互助会がただしある葬儀屋の方が祭壇料などが高い場合がありますので、事前に葬儀の費用に関しては複数の葬儀屋の金額を比較しておくのをお勧めします。
個人葬は遺族が主催する葬儀を指すのですが、社葬との比較で考えますと、より故人の死を親しい人たちと一緒に追悼するという目的が強いと言えます。

社葬の場合は所属していた会社における故人の業績をたたえ、故人の死を惜しみ、故人亡き後の会社の体制や方向性を社内外の関係者にお知らせをするという目的があります。
対して個人葬の場合は、故人のプライベートな側面をクローズアップして行われるという特色があります。
個人葬に類似した葬儀に家族葬というものがあります。

家族葬は基本的には家族・身内内で行われる葬儀で、故人の生前の友人や知人は基本的には呼びません。
呼んでもごく限られた方々だけに限定し、葬儀の規模は通常の個人葬と比較して小さなものになります。
家族葬の場合は、葬儀後数日ほどした頃になって訃報を知った故人の知人などから連絡があるなどして、自宅にお悔みを述べに大勢いらっしゃることになることもあります。

また家族葬は香典が少ないため、結果的に通常の個人葬よりも葬儀費用が高くつく場合もあります。
個人葬と社葬を合わせたものに合同葬というものがあります。
これは故人の遺族と故人の所属していた会社が合同で開催する形式のもので、喪主や施主は遺族と家族の中から代表されます。

これまで社葬を行って来なかった中小企業において合同葬は広まってきていると言えます。