故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

お布施っていくらなの?

お布施は施主が僧侶に渡す謝礼です。
本来仏教の布施には法施・無畏施・財施がありますが、葬儀の際のお布施はこのうちの財施に当たります。
具体的にお布施としていくら渡すかについては戒名のランクによるところがあります。

読経と普通戒名又は普通法号で25万円。
読経と居士大姉戒名の場合40万円。
読経と院号居士大姉戒名または院号法名の場合55万円。

直送と普通戒名の場合10万円。
以上が簡単な目安となります。
普通戒名を頼む場合であってもお布施とは別に、お車代や心づけは必要になります。

読経はお通夜と葬儀、火葬場、初七日の読経が含まれています。
浄土真宗の場合は法名になりますが、基本的には院号も位号もつけません。
位号は信士・信女よりも居士・大姉が格上となるため布施の金額において差が出ます。

戒名はもともと出家した際の証として授かる名前のことです。
死後には浄土で仏になるという考えから亡くなった際の戒名をつけることが一般化してきました。
院号にしても古来は地位のある人(天皇や皇族、将軍家など)たちに付けられてきたものですが、現在では一般にも与えられるものとなりました。

色々な付加価値が付き、文字数の多い戒名が有難い戒名という考えが定着しました。
相場に関しては実際、経済的な余裕がある人とそうでない人とで応じられ方が変わってきます。
お布施の本来の基準としては、「生かされている喜びに対して、収入の一部を仏様に喜捨する」という意見もあります。

仏教の利他という言葉があるように、僧侶が修行に励んで死者の往生を願ってもらうため、素行家の気持ちを込めて包むのが本来的な考え方ではあります。
また、僧侶個人に対するものと寺に対するものという捉え方の違いがあり、僧侶個人に対する場合はその僧侶の法施に対する新工場の表信を示すものであります。
お寺に対するお布施の場合はお寺の規模や運営上の仕組みによりますので一概にはっきりとした基準が見えないものであります。