故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

法要について

法要とは、元々仏教の教えを知るということを指しますが、転じて法事・仏事などの仏教行事全般を指します。
特に日本においては亡くなったものの命日に対して追善法要を指すことが多いです。
追善法要には、四十九日、百か日、年忌法要、月法要などがあります。

仏教において人の死後は四十九日間を中陰と呼び、次の生を受けるまでの状態のことをさします。
亡くなった日から数え七日ごとに死者は裁判を受けると言われています。
四十九日の期間が過ぎる日を満中陰と言い、以後が忌明けとなります。

忌明けに僧侶に読経をお願いし、親族や故人の親しかった友人を招いて法要を行います。
またその際に納骨をして、納骨の法要を一緒に行うことができます。
亡くなってからの百日目を「卒哭忌」と呼びます。

故人を失った悲しみが癒えてくるころという意味です。
このころまでに挨拶や遺品の整理を済ませます。
年忌法要は故人の命日に毎年行う供養です。

初めての命日が一周忌に当たります。
月法要は毎月故人が亡くなった日に仏壇の掃除やお供えをすることを指します。
月命日と呼びますが、法要などは行いません。

お寺には少なくても一か月前に前もって連絡をして打ち合わせをしておきましょう。
お寺との付き合いが長くある場合は、お坊さんの方から連絡をしてくれることもあります。
お坊さんもうっかりと忘れてしまうこともありますので、こちらから連絡するのが望ましいでしょう。

その際は日時と場所を確認します。
場所は自宅やお寺、公共の貸しスペースなどがあります。
公共の施設を利用する場合は御本尊を忘れずに持参します。

お寺で行う場合は特に用意するものはありません。
法要を行うのは一般的に四十九日と年忌法要です。
法要は故人を縁として、いま生かされているという尊さを感じ、阿弥陀如来の知恵と慈悲に感謝してご報謝のすとめとして行います。

気の遠くなるような命の営みに気づき、自身の生き方を問い、自己を取り戻すよい縁であります。