故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

意外と知らないお葬式の挨拶

お葬式での挨拶には受付でのお悔やみの言葉や弔辞、弔電があります。
お悔みの言葉は手短で差し障りの言葉を選びます。
色々と考えた言葉でもよいのですが、逆に失礼に当たらないような注意が必要です。

遺族に対してどう励ましたらよいか悩むところですが、言葉にならなくても相手に気持ちが伝わるような挨拶を心掛けましょう。
お悔みを述べる際に避けたいのが忌み言葉です。
「また」「重ね重ね」など不幸が重なることを連想させてしまう言葉は使用しないのが礼儀です。

お葬式の場で使われる特有の言い回しがあります。
弔辞は告別式で故人と親交のあった友人や知人が、故人の死を悼んで別れを告げることをさします。
弔電は、遠方にいてすぐに弔問できない場合や、事情により葬儀や告別式に参列できない場合に送ります。

すぐに打つのが礼儀です。
お悔みが遅れたり後から訃報を知った場合は弔問の代わりに手紙をすぐにしたためます。
また告別式後であっても喪家の都合を聞き、弔問するのが望ましいでしょう。

喪主や施主は葬儀を締めくくる代表の挨拶があります。
数分程のものですが、一般的な形式などの決まりがありますので押さえておきましょう。
挨拶の初めは、葬儀へご参列いただいた方へのお礼を述べます。

次に故人への生前の厚意に対してお礼を述べた後、故人の生前のエピソードを紹介するのが一般的な流れです。
生前のエピソードには、故人の人柄がよく表されるもの、例えば口癖や、家族への一言、家族から見た故人の印。
個人が好んでいたものについてなどを織り交ぜます。

最後は改めて締めくくりの感謝の意を表明します。
緊張のあまり早口になってしまうケースも少なくないので、句点ごとに一呼吸置くなどの工夫をするとよいでしょう。
重ね言葉などの忌み言葉は喪主の挨拶でも同様に使用を控えましょう。

代表の挨拶は喪主にとって慣れない場合も多いですので、葬儀の経験の深い知人や葬儀社にアドバイスをもらって準備するのがよいでしょう。
また、こちらの未成年が相続人の場合についての記事も参考に是非ご覧ください。