故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

お葬式までの流れ

臨終後からお葬式までの流れを解説します。
末期の水を取り、死亡診断書を医師から受け取ります。
遺体は霊安室に移されることが多いですが、遺族はその後すみやかに病室の整理をし、遺体を引き取ります。

故人の私物を引き取って、世話になった方々へのお礼をし、親族や葬儀社へ連絡します。
死亡届を受け取ったのち、死亡届の必要事項に記入し市町村役所へ提出します。
死亡届は故人に近しい親族が届け、署名・捺印をして提出。

葬儀を行う葬儀社を決めてある場合は、手続きに関して代行してもらいます。
火葬認可書は死亡届提出後に交付されます。
遺体に死化粧をし白い死装束を着せます。

北枕か西枕に遺体を安置して顔を白い布で覆います。
枕飾りを調え、僧侶に枕経をあげていただくこともあります。
葬儀に当たっての準備では、まず喪主を決めます。

基本的には配偶者や長男などが務めます。
葬儀社との打ち合わせで通夜、葬儀の形式や日時、場所などを決めていきます。
菩提寺がある場合は菩提寺の住職に連絡をして、戒名やお布施について相談します。

遺影写真や喪服、数珠などを用意します。
遺影写真は最近の写真がふさわしく、正面を向いたものが適切です。
葬儀社に頼むと、服装の変更や白黒写真への変更ができます。

葬儀の運営を手伝ってもらう世話役の方々にお願いをし、当日の段取りを調整します。
供物や供花、弔電などが届いたら、配置をしたり整理します。
供物や供花は配置の仕方があります。

故人と生前親しかった者から順に棺近くに配置します。
玄関に飾る場合は玄関付近から順になります。
弔電は通夜、葬儀で読み上げますので、読む弔電を選択し、順番などを決めておきます。

当日は喪主や施主は代表のあいさつを何度か行いますので、あらかじめ用意しておきます。
通夜の前日に故人の遺体を棺に納めます。
身内の方はできるだけ同席するのが望ましいでしょう。

故人の生前の愛用品を棺の中に一緒に納めますが、金属類は燃えにくいので避けます。
葬儀当日は参列者へのあいさつなど、馴れないことが多く忙しくなりますので、事前の用意をしっかりとしておくことが大切です。