故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

気になるお葬式の費用

お葬式の費用は葬儀一式費用や飲食接待費、寺院への費用を合わせると200万円弱になります。
内訳は葬儀費用一式で120万程度、飲食接待費用で40万円程度、寺院の費用で50万程度です。
ただし地域や葬儀の規模によって価格は変わり、火葬のみでしたら直送で15万円から30万円。

身内だけで行う密葬、家族葬でしたら40万円から50万円になります。
斎場に申し込んで葬儀を行う場合は施設利用料として別途費用が発生します。
公営の場合10万円から、民間施設の場合は20万円から30万円程度です。

つまり小さな葬儀であっても40万円から50万円はかかります。
通常の葬儀社における料金体系は、「葬儀一式」という基本料金に加え、祭壇の種類や生花などの装飾類の数量で追加料金が加算されて総額が決まります。
葬儀一式費用の主な項目は挙げますと、祭壇や棺、遺影写真などの葬儀関係。

枕飾りや枕花、ドライアイスなどの葬儀前に必要なもの。
斎場使用料や音響設備といった斎場関係。
火葬場での火葬料、控え室使用料、飲食代。

寝台車、霊柩車、マイクロバスなどの車両関係。
会葬御礼品や会葬礼状といった返礼品関係。
人件費として運営管理委、案内係、司会進行、役所や火葬への手続き代行などがあります。

最近の傾向としては家族葬や合同葬などが増えてきています。
家族葬は遺族と故人と生前親しかった方を数人呼ぶ程度の、ごく小規模で行う葬儀です。
限られた方々の中で故人の死をしんみりと偲びたいという意図があります。

費用は割と低く抑えられることができます。
合同葬は遺族と故人の所属していた企業が合同で行う葬儀になります。
遺族と企業が費用を負担し合いますので、遺族としては通常の葬儀より費用を低く押さえることができ、企業としても社葬よりも低い費用となります。

香典も増えますので、全体的な費用自体も低くなる傾向があります。
また音楽葬など、故人の意向や遺族の趣向から、費用は多少高くなっても質の高い葬儀を行うケースもあります。
最近では事前相談というものも一般的になってきており、故人が生前にこのような葬儀を行ってほしいという意思を汲んだものになります。