故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

今さら聞けないお葬式の服装

本来喪服は葬儀と告別式の場で着用し、通夜は略喪服を着用するしきたりがありました。
しかし近年、通夜へ参列する方が増え、喪服の着用が一般的になったため、遺族であっても通夜、葬儀共に喪服を着用するのが一般的になっています。
ただし通夜の場合は不幸をして予測していたかのような印象を与えてしまうため、平服でうかがうのがマナーとする人もいます。

喪服は、男性の場合は基本的に黒のフォーマルスーツで、白のYシャツに黒ネクタイ、黒靴を着用するのが一般的です。
夏でもブレザーを着用しないとマナー違反です。
通気性の良いものを選択するのは構いません。

ネクタイピンや胸ポケットのハンカチは身に着ず、アクセサリーは結婚指輪と腕時計程度であれば装着しても問題ありません。
和装の場合は黒無地染め抜き5つ紋付の着物と羽織がふさわしいです。
無地の寒色系の色の喪帯を着用します。

女性も同様に黒のフォーマルスーツもしくは地味な色合いのスーツやワンピースを着用し、毛皮や皮のコートはタブーです。
バッグや靴にも注意が必要で、光沢の少ない黒色に統一します。
ヒールは斎場で音が響かないものにしましょう。

ストッキングは黒か肌色のものを使用し、肌の露出は控えます。
アクセサリーに関しては結婚指輪以外着用を控えるのがよいですが、つける場合でも真珠のネックレスなどを選び、派手な小物は控えましょう。
化粧やマニキュアも同様で自然で地味な程度に抑えます。

ノースリーブや胸元が大きくあいたもの、袖が短すぎるものは避けた方よいでしょう。
子供の服装ですが、学生の場合は制服を着ます。
制服がない場合はブレザーと白シャツを着用し、黒などの地味なズボンをはきます。

靴もできるだけ黒色のものをはきましょう。
幼稚園以下のお子さんで正式な服装をさせるのが難しい場合は、なるべく地味なもので、なおかつ斎場でぐずらないようなものにします。
夏場はワンポイント程度の地味色のポロシャツなどがよいでしょう。
また、こちらの相続争いの実態についての記事も参考にご覧ください。