故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

参列者が用意するもの

葬儀に出席する際に参列者が用意するものにはいくつかあります。
その一つは香典です。
斎場の受付の際にお悔やみの言葉を述べ、あるいは簡単な黙礼をして、香典を渡します。

むき出しのまま渡すのはやはり失礼に当たります。
香典は袱紗に包んでおくのがよいですが、無い場合は地味な色合いの小風呂敷もしくは白いハンカチに包んでおきます。
袱紗は一緒には渡しませんので注意しましょう。

香典のお札は新札はタブーとされています。
あたかも準備をしていたかのような印象になるためです。
ですので、香典は古札を用いて、ない場合は新札に少し折り目を付けておきます。

仏式の葬儀な場合は、数珠を持参します。
僧侶による読経、故人への礼拝、焼香などの際に使いますが、それぞれの場面で数珠の使い方は異なります。
故人への合掌の際は両手の親指・人差し指の間に数珠を掛けて親指で押さえます。

焼香の際は数珠を左の手に引っ掛けて左手で拝みながら右手で抹香をつまみます。
数珠は拝礼の際に必ず用いますので、所持しておきましょう。
喪服については宗旨を問わず黒のスーツが一般的です。

キリスト教の葬儀であっても和装喪服でも構いません。
供花や供物は生前故人と特に親しかった人や親類、団体が贈るのが一般的です。
必ず遺族の意向を問い、葬儀を担当する葬儀社にお願いするのがよいでしょう。

通夜に送る場合は当日の午前中に、告別式の場合は前日に届くようにします。
供物は宗教によって贈るべきものが異なります。
仏式の場合は線香や抹香、ろうそく、干菓子などです。

新式では線香は使いません。
枕花は故人と生前親しかった方が故人の枕元にお届けするお供え花のことです。
枕花は通夜前から通夜までの間に送るのが適切です。

花の色合いや形態は地域や宗派によって異なりますので喪家に確認してから贈ります。
弔電は、やむを得ない事情で葬儀に参列できない場合に弔意を表す電報のことです。
訃報の知らせを聞いても参列ができない場合はすぐ弔電を打つことが大切です。

遅くても告別式の3時間前までには届くように手配します。
なお葬儀に参加できない場合はご遺族に連絡をして後日自宅に弔問しましょう。