故人への対応

お葬式のギモン
お葬式の挨拶
お葬式でのマナー
お葬式の服装
香典の金額
お葬式の費用
知ってる?合同葬
宗派で違いがある?
お葬式の様式
焼香の仕方
喪主の挨拶
お通夜とお葬式
お葬式での言葉遣い
無宗教のお葬式
個人葬って?
参列者が用意するもの
遺族が用意するもの
お葬式までの流れ
お葬式での役割
火葬場には誰が行く
香典袋の注意点
お葬式の後の手続き
お布施っていくら?
葬儀ディレクターの役目
法要について
喪主は誰がする?
お葬式でのタブー
お葬式Q&A
新しいタイプの葬儀
大切な人を送るセレモニー

新しいタイプの葬儀

時代によって葬儀の形式も変わってきています。
現在増加してきている葬儀の形は家族葬と呼ばれている、少人数・小規模な形でのお葬式です。
会社関係の人までを含めた故人の関係者のほとんどを呼ぶ従来のお葬式ではなく、遺族のみや親族とごく親しかった友人のみなどで行われる葬儀になります。

遺族としては親族のみで葬儀を済ませ、それ以外の知人などの弔問は遠慮する葬儀ということになります。
残された遺族の気持ちを理解するのがマナーです。
家族や親族以外の知人の方は、喪家から直接参列を求める連絡があった場合だけ参列します。

弔電は送っても失礼には当たりません。
家族葬の他にも無宗教葬や音楽葬といったモダンな葬儀も多くなってきています。
故人の生前の望みを形にしているケースが多く、中には亡くなる前に葬儀を行う生前葬という葬儀も行われる場合があります。

親しい人たちに対して生きている内にお別れとお礼を伝える目的がありますが、日本においては特に知識人が社会的活動の終止を知らせる機会として行われていたりします。
また葬儀の業界にも近年新たな変化がみられています。
異業種企業による葬儀です。

異業種企業とは本来葬儀業を専門的には行っていない企業で、異業種だからこその葬儀の特色がみられます。
仏壇、生花、ホテル業者などが主に行っており、各社の利点を有効的にかつようしたサービスが魅力です。
新規参入企業は業界自体に変化をもたらします。

葬儀業界はこれまでどうしても閉鎖的でありましたので、異業種企業の参入は業界の新陳代謝を促しています。
業界変化の顕著な例が明確な料金プランの提示で、従来の慣習では葬儀の費用に関しては葬儀社・利用者共に価格については触れるのを憚られていた背景があります。
ただしお布施に関しても価格を明確化にしたことで、仏教界から批判を浴びたケースもあります。

葬儀という業種の特色上、どこまでモラル的な要素を壊すことなく、業界の構造を新たに組み替えていくことができるかといったことが、一つの課題になっています。